キャラクタアニメーションの数理とシステム

CGキャラクタアニメーション技術を解説した書籍『キャラクタアニメーションの数理とシステム』(コロナ社, 2020年8月6日発行)が出版されました。ビデオゲームやバーチャルリアリティシステムをはじめとするリアルタイムCGアプリケーションで用いられている、CGキャラクタのアニメーション生成アルゴリズムや情報システム設計、ゲームAIについて解説しています。向井は2章「形状変形アニメーション」、3章「スケルトンアニメーション」、4章「アニメーションシステム」、および付録「3次元空間における座標変換」「3次元回転のパラメータ表現」を担当しました。(株)スクウェア・エニックスの川地克明さん(1章「概論」、5章「環境への適応」、6章「連携と疎通」)、三宅陽一郎さん(7章「キャラクタアニメーションと人工知能」)との共著です。

(2020年7月29日追記) 出版記念インタビュー記事がCGWORLD.jpに掲載されました。
  プログラマとアーティストに共通言語を届けたい~書籍『キャラクタアニメーションの数理とシステム』出版記念インタビュー

(2020年7月29日追記2) 書籍紹介動画がコロナ社YouTubeチャンネルで公開されました。

1 thought on “キャラクタアニメーションの数理とシステム

  1. Pingback: キャラクタアニメーションの数理とゲーム – Mukai Laboratory

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.