潜在変数スプラインを用いたモーション接続

SA2011Mukai1Teaser

次元数削減法を応用したモーションデータ接続法の提案.接続元の2つのモーションデータを多次元尺度構成法を用いて次元削減し,それぞれ2次元潜在変数の軌跡として写像します.そして表示された軌跡を各種スプライン関数で接続し,もとのモーション空間に逆写像することで接続結果を得ます.スプライン関数の簡単な操作で,複雑なモーションの多様な接続バリエーションを生成できる点がポイントです.

論文

mukai について

4+4年目の教員です。ゲーム会社にも5年間ほどお世話になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。