アニメーションデータの非一様スプライン近似

SA2012MukaiTeaser

共分散行列適応進化戦略(Covariance Matrix Adaptation Evolution Strategy、CMA-ES)を用いた大域的最適化により,アニメーションカーブを非一様スプライン曲線で近似する手法.時系列データの自由度を効率的に削減できることから、アニメーションデータ圧縮や最適化計算ベースの編集技法において有用な手法です.CMA-ESの特性を受け継ぎ,手動のパラメーター調整がほとんど必要ない点、並列計算に適している点などが技術的なポイントです.

論文

mukai について

4+4年目の教員です。ゲーム会社にも5年間ほどお世話になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。