帰納論理プログラミングを用いたモーション検索規則生成

大規模データベースから特定種類のモーションデータを検索するための規則を,ユーザー編集可能な論理式として生成する技術.モーションデータに適した特徴量を定義した上で,「ある種類のモーションは特定の特徴量を必ず含む/必ず含まない」という論理式を,教師データから抽出します.この時,帰納論理プログラミングを用いることで,最小限の論理式だけで構成される検索規則が得られます.

論文
  • Tomohiko Mukai, Ken-ichi Wakisaka and Shigeru Kuriyama, Generating Concise Rules for Human Motion Retrieval, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E93-D, No.6, 1636-1643, 2010. [web] [movie]
  • Tomohiko Mukai, Ken-ichi Wakisaka and Shigeru Kuriyama, Generating Concise Rules for Retrieving Human Motions from Large Datasets, Computer Animation and Social Agents 2009, Short Paper, 2009. [web] [pdf] [movie]
  • Tomohiko Mukai, Ken-ichi Wakisaka and Shigeru Kuriyama, Rule-based Retrieval of Human Motion Data Using Inductive Logic Programming, ACM SIGGRAPH/Eurographics Symposium on Computer Animation 2007, Posters and Demos, pp.22-23, 2007. [web] [pdf] [poster] [movie]
  • 脇坂健一,向井智彦,栗山繁, 帰納推論を用いた動作データのセマンティクス解析, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2007, pp.151-156, 2007.

mukai について

4+4年目の教員です。ゲーム会社にも5年間ほどお世話になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。