例示データを用いた補助骨リギング

I3D2015MukaiTeaser

キャラクタの皮膚変形など,柔軟物体の変形アニメーションの生成で広く用いられている線形ブレンドスキニングの品質を改善する手法.補助骨(Helper Bone)と呼ばれる仮想的な骨格の構造とその動きを,多数の例示データを用いて自動的に推定します.たとえば,筋肉シミュレーションなどの複雑で高負荷な計算による皮膚変形を,補助骨の運動によって高速にエミュレーションすることが可能になります.

論文
招待講演・チュートリアル等
ビデオ
  • SIGGRAPH 2016 デモビデオ
  • I3D 2015 デモビデオ
  • Maya2016プラグインデモ(I3D2015版)

mukai について

4+4年目の教員です。ゲーム会社にも5年間ほどお世話になりました。

例示データを用いた補助骨リギング” へのコメントが 3 点あります

  1. ピンバック: 補助骨リグ構築プラグインの開発進捗その1 | Mukai Laboratory

  2. ピンバック: 「Computer Graphics Gems JP 2015」発売 | Mukai Laboratory

  3. ピンバック: Computer Animation Open Course -Rig and Tools- – Mukai Laboratory

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。