発表論文

Book chapters

  1. Tomohiko Mukai, Example-Based Skinning Animation, Handbook of Human Motion (Edited by Bertram Müller, Sebastian I. Wolf, Gert-Peter Brueggemann, Zhigang Deng, Andrew McIntosh, Freeman Miller, William Scott Selbie), Springer International Publishing, 2016.12.

Journals

  1. Tomohiko Mukai and Shigeru Kuriyama, Efficient Dynamic Skinning with Low-Rank Helper Bone Controllers, ACM Transactions on Graphics, Vol. 35, Issue. 4, 36:1–36:11, 2016.7.
  2. Tomohiko Mukai, Ken-ichi Wakisaka and Shigeru Kuriyama, Generating Concise Rules for Human Motion Retrieval,  IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E93-D, No.6, 1636-1643, 2010.6.
  3. Takeshi Sakuma, Tomohiko Mukai, and Shigeru Kuriyama, Psychological Model for Animating Crowded Pedestrians, Computer Animation and Virtual Worlds, Vol.16, pp.343-351, 2005.10.
  4. Tomohiko Mukai, Shigeru Kuriyama, Geostatistical Motion Interpolation, ACM Transactions on Graphics, Vol. 24, Issue. 3, pp.1062-1070, 2005.7.
  5. Shigeru Kuriyama, Tomohiko Mukai, Yusuke Irino, Kazuyuki Anda, and Toyohisa Kaneko, Extensible Task Simulation with Motion Archive, IEICE Transactions on Information and Systems (Special section on Cyberworlds), Vol.88, No. 5, pp.809-815, 2005.5.
  6. Tomohiko Mukai, Shigeru Kuriyama, Toyohisa Kaneko, Keyframe Animations of Virtual Humans via Motion Data Learning, Systems and Computers in Japan (Translation from Trans. IEICE), Vol. 37, No.5, pp.25-33, 2006.5.
  7. Tomohiko Mukai, Shigeru Kuriyama, Toyohisa Kaneko, Motion Generation of Virtual Human with Hierarchical Reinforcement Learning, Electronics and Communications in Japan (Translation from Trans. IEICE), Part 3, Vol. 87, No. 11, pp.34-43, 2004.11.

Conference proceedings (refereed)

  1. Tomohiko Mukai, Building Helper Bone Rigs from Examples, Proceedings of ACM SIGGRAPH Symposium on Interactive 3D Graphics and Games, pp.77-84, 2015.2.
  2. Tomohiko Mukai, Motion Rings for Interactive Gait Synthesis, ACM SIGGRAPH Symposium on Interactive 3D Graphics and Games 2011 (I3D2011), pp.125-132, 2011.2. [pdf] [video]
  3. Tomohiko Mukai, Shigeru Kuriyama, Pose-Timeline for Propagating Motion Edits, ACM SIGGRAPH/Eurographics Symposium on Computer Animation 2009, pp.104-113, 2009.8.
  4. Tomohiko Mukai, Shigeru Kuriyama, Multilinear Motion Synthesis with Level of Detail Controls, Pacific Graphics 2007, pp.9-17, 2007.10.
  5. Tomohiko Mukai, Shigeru Kuriyama, Toyohisa Kaneko, Human Animation via Hierarchical Feature Learning of Motion Data, Computers, Graphics and Imaging (CGIM2003), pp.31-36, 2003.8
  6. Shigeru Kuriyama, Tomohiko Mukai, Yusuke Irino, Kazuyuki Anda, Toyohisa Kaneko, Extensible Behavior Simulation with Motion Archive, SIGGRAPH2003 Web Graphics Presentation, 2003.7
  7. Tomohiko Mukai, Shigeru Kuriyama, Toyohisa Kaneko, Extensive and Efficient Search of Human Movements with Hierarchical Reinforcement Learning, Computer Animation 2002, pp.103-107, 2002.6

Short papers and posters (refereed)

  1. Takumi Inao, Masaki Oshita, Tomohiko Mukai and Shigeru Kuriyama, Visualization of Motion Features for Sports Training System Using Kinect, 14th ACM SIGGRAPH International Conference on Virtual Reality Continuum and Its Applications in Industry, Posters & Demos, 2015.10.
  2. Tomohiko Mukai, Latent Nonuniform Splines for Animation Approximation, ACM SIGGRAPH ASIA 2012 Technical Briefs, Article 3, 2012.11. [pdf] [video]
  3. Tomohiko Mukai,  Spline Motion Transitions in Linear Subspaces,  ACM SIGGRAPH ASIA 2011 Technical Sketches, Article 11, 2011.11. [pdf] [video]
  4. Tomohiko Mukai,  Modeling Ranges of Limb Motion for Real-Time Inverse Kinematics,  ACM SIGGRAPH ASIA 2011 Posters, Article 4, 2011.11. [pdf] [video] [poster]
  5. Tomohiko Mukai, Ken-ichi Wakisaka, and Shigeru Kuriyama, Generating Concise Rules for Retrieving Human Motions from Large Datasets, Computer Animation and Social Agents 2009 (CASA2009), Short Paper, pp.45-48, 2009.6.
  6. Tomohiko Mukai, Ken-ichi Wakisaka, and Shigeru Kuriyama, Rule-based Retrieval of Human Motion Data Using Inductive Logic Programming, ACM SIGGRAPH/Eurographics Symposium on Computer Animation 2007 (SCA2007), Posters and Demos, pp.22-23, 2007.8.
  7. Tomohiko Mukai and Shigeru Kuriyama, Multilinear Motion Synthesis Using Geostatistics, ACM SIGGRAPH/Eurographics Symposium on Computer Animation 2006 (SCA2006), Posters and Demos, pp.21-22, 2006.9.
  8. Tomohiko Mukai, Shigeru Kuriyama, Toyohisa Kaneko, Natural Human Animation via Hierarchical Learning with Dynamic Manipulability, Computer Graphics International (CGI2003), Poster, pp.272-275, 2003.7.

Credited work

  1. Lightning Returns : Final Fantasy XIII, SQUARE ENIX, 2013.

書籍

  1. 向井智彦, スキニング分解, Computer Graphics Gems JP 2015: 7, 2015.9.
  2. 向井智彦, パラメトリックポーズブレンド, Computer Graphics Gems JP 2013/2014: 8, 2013.8.
  3. 向井智彦, インバースキネマティクス, Computer Graphics Gems JP 2012: 8, 2012.8.

学術雑誌

  1. 向井智彦,線形ブレンドスキニングのための例示ベース補助骨リグ構築,情処論,Vol.56, No.11, pp.2141–2150, 2015.11.(情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文, 情報処理学会2016年度論文賞
  2. 浜田 祐一, 栗山 繁, 向井 智彦, ランダムフォレスト法を用いた動作検索, 信学論, Vol.J93-D, No.11, pp.2516-2524, 2010.11.
  3. 向井智彦, 栗山繁, テンソル近似を用いた動作補間の多重解像度制御, 信学論,Vol.J91-D, No.12, pp.2973-2982, 2008.12.
  4. 佐久間健, 向井智彦, 栗山繁, 金子豊久, 心理モデルを用いた集団歩行の自動生成, 映情学誌, Vol.59, No.10, pp.1461-1466, 2005.5.
  5. 向井智彦, 栗山繁, 金子豊久, 動作データ学習を用いた仮想人間のキーフレームアニメーション, 信学論, Vol.J88-D-II, No.1, pp.78-87, 2005.1.
  6. 向井智彦, 栗山繁, 金子豊久, 階層的強化学習による仮想人間の動作生成, 信学論, Vol.J86-D-II, No.6, pp.886-894, 2003.6.

国内査読付き会議

  1. 脇坂健一, 向井智彦, 栗山繁, 時空間的特徴と帰納推論を用いた動作データの検索, 情報技術レターズ(FIT2007講演論文集), LI-006, 2007.9.
  2. 向井智彦,栗山繁,時間的特徴解析に基づく運動タイミングの編集,Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2007, pp.33-38, 2007.6.
  3. 脇坂健一,向井智彦,栗山繁, 帰納推論を用いた動作データのセマンティクス解析, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2007, pp.151-156, 2007.6.
  4. 向井智彦,栗山繁,多重線形解析を用いた動作補間,Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2006,pp.53-58, 2006.6.
  5. 向井智彦, 栗山繁, 金子豊久, モーションデータによる目的関数推定法を用いた仮想人間の動作生成, 情報技術レターズ(FIT2003講演論文集), pp.249-250, 2003.9. (船井ベストペーパー賞受賞)
  6. 向井智彦, 栗山繁, 金子豊久, モーションデータによる目的関数設計法を用いた全身動作生成, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2003, pp.141-146, 2003.6.
  7. 向井智彦, 栗山繁, 金子豊久, 階層的強化学習を用いた仮想人間の動作生成, 第17回NICOGRAPH論文コンテスト, pp.87-92 , 2001.11.

国内発表

  1. 有泉 静耶, 向井 智彦, 人型キャラクタの頬殴打時のアニメーション制作支援システム開発, 情処学コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究報告, 2017-CG-166(14), pp.1-2, 2017.3.
  2. 君和田 一樹, 向井 智彦, マスク画像を用いたパーティクル配置による結露現象の再現, 情処学コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究報告, 2017-CG-166(15), pp.1-2, 2017.3.
  3. 渡邉 俊綱, 梅澤 俊二, 向井 智彦, テニスサーブにおける身体特徴量の実時間可視化システムの検討, 情処学コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究報告, 2017-CG-166(16), pp.1-2, 2017.3.
  4. 渡邉俊綱, 有泉静耶, 向井智彦, 身体運動スキルの実時間可視化に向けた検討, 第76回CG・可視化研究会(CAVE研究会), 2016.11.
  5. 向井智彦, 最適化された回転中心を用いた実時間スキニング技術の実装と評価, 情処学コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究報告, Vol. 2016-CG-164, No.14, pp.1-1, 2016.9.
  6. 滝澤巧樹, 向井智彦, 対話型進化計算を用いた3次元デフォルメキャラクター髪型作成支援システム, 映像表現・芸術科学フォーラム2016, 2016.3. (ポスター発表優秀賞
  7. 中河原優貴, 向井智彦, 3DCGアニメにおけるリミテッド表現のための補間方法の一提案, 映像表現・芸術科学フォーラム2016, 2016.3. (CG-ARTS人材育成パートナー企業賞(株式会社STUDIO 4℃)
  8. 向井智彦, 統計解析を用いた熟練運動技能特徴の可視化に向けて, 情処学人文科学とコンピュータ研究報告, 2015-CH-108(4), pp.1-2,2015.10.
  9. 向井智彦, 線形ブレンドスキニングにおける補助骨の姿勢最適化, 情処学グラフィクスとCAD研究報告, 2014-CG-157(1), pp.1-6,2014.11. (優秀研究発表賞山下記念研究賞)
  10. 佐藤央, 向井智彦, 栗山繁, 行動の階層的模倣学習による群集アニメーションの生成, 電子情報通信学会2009年総合大会,D-12-109, 2009.3.
  11. 大野健太朗, 栗山繁, 向井智彦, 物理計算に基づく人体の衝撃反応動作の探索, 電子情報通信学会2009年総合大会, D-12-121, 2009.3.
  12. 向井智彦, 栗山繁, 2次元姿勢タイムラインを用いた動作データ編集,情処学グラフィクスとCAD研究報告,Vol.2008, No. 109, pp.25-30, 2008.10.
  13. 脇坂健一, 向井智彦, 栗山繁, 運動特徴解析と帰納推論を用いた人体動作データの分類,第21回人工知能学会全国大会,CD-ROM(1H3-5), 2007.6.
  14. 向井智彦, 栗山繁, 金子豊久, 階層的探索法による仮想人間の動作生成, 情処学グラフィクスとCAD研究報告, Vol.2000, No.115, pp.37-42, 2000.12.

招待講演

  1. 向井智彦, コンピュータアニメーション制作技術開発における最適化, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「最適化の基盤とフロンティア」第9回研究会, 2016.11.
  2. 向井智彦, 栗山繁, 低ランク補助骨制御器を用いた効率的な動的スキニング, Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2016, 2016.6.
  3. 向井智彦,モーションキャプチャを通じた舞踊技能の可視化システム開発,秋田大学民俗芸能情報技術研究所シンポジウム,2016.3.
  4. 向井智彦,身体動作データの統計解析による熟練技能の可視化に向けて,「モーションキャプチャ技術と身体動作処理」シンポジウム,2015.7.
  5. 向井智彦, ゲーム研究開発者の日常, 早稲田大学大学院先進理工学研究科物理学及応用物理学専攻 卓越した大学院拠点形成支援事業 平成25年度シンポジウム, 2013.12.
  6. 向井智彦, 川地克明, 三宅陽一郎, スクウェアエニックスにおけるアニメーション・AI研究開発事例紹介, 画像電子学会年次大会 企画セッション「エンタテインメント画像処理」, 2013.6.
  7. 向井智彦, モーションキャプチャデータの高度利用, 情報処理学会第75回全国大会 イベント企画「コンピュータグラフィクスの新展開」, 2013.3. 
  8. 向井智彦, ゲーム制作におけるCGアニメーション技術,情報処理学会東海支部主催講演会, 2012.10.
  9. 向井智彦, ゲームメーカーにおける技術開発への取り組み,画像電子学会第34回秋期セミナー,2010.10.
  10. 向井智彦, キャラクタアニメーション制作技術,画像電子学会第33回秋期セミナー,2009.9.
  11. 向井智彦, キャラクタアニメーション制作技術,画像電子学会第32回秋期セミナー,2008.9.
  12. 向井智彦, 栗山繁, 空間統計学的予測法を用いた動作補間, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2005, pp.101-102, 2005.6.

その他発表

  1. 向井智彦, 参照データを用いた補助骨リグの自動構築に向けた研究紹介, Computer Animation Open Course – Rig and Tools – , 2016.7.
  2. 向井智彦, データに学ぶプロシージャルアニメーション ~データ駆動型技術の実用化に向けた試み~,CEDEC 2011, 2011.9.
  3. 向井智彦, 3次元回転を極める ~ 一歩進んだキャラクタアニメーションプログラミング ~,CEDEC 2010,2010.9.

解説記事

  1. 向井智彦, ゲームの現在と未来: 2.次世代ゲーム制作を見据えたCG技術開発の動向, 映像情報メディア学会誌2013年1月号, 2013.1.
  2. 向井智彦, 栗山繁, コンピュータグラフィクスの新展開:6.モーションキャプチャデータの高度利用 -人の動きの編集から即応的生成へ-, 情報処理, vol.53, no.6, 2012.6.
  3. 向井智彦, 栗山繁, 動作データ学習による仮想人間の動作生成, 画像ラボ, Vol. 16, No.7, pp.1-4, 2005.7.

受賞・表彰

  1. 情報処理学会2016年度論文賞, 線形ブレンドスキニングのための例示ベース補助骨リグ構築, 2017.6.
  2. ポスター発表優秀賞, 対話型進化計算を用いた3次元デフォルメキャラクター髪型作成支援システム, 映像表現・芸術科学フォーラム2016,2016.3.(学生との共著)
  3. CG-ARTS人材育成パートナー企業賞(株式会社STUDIO 4℃), 3DCGアニメにおけるリミテッド表現のための補間方法の一提案, 映像表現・芸術科学フォーラム2016,2016.3.(学生との共著)
  4. 情報処理学会2015年度山下記念研究賞,線形ブレンドスキニングにおける補助骨の姿勢最適化, 2016.3.
  5. 情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文,線形ブレンドスキニングのための例示ベース補助骨リグ構築,2015.11.
  6. グラフィクスとCAD研究会優秀研究発表賞,線形ブレンドスキニングにおける補助骨の姿勢最適化, 2014.11.
  7. CG国際大賞・優秀論文賞,Geostatistical Motion Interpolaton,NICOGRAPH 春季大会,2009.3.
  8. 平成15年度 電子情報通信学会東海支部 学生研究奨励賞,2003
  9. 第2回 船井ベストペーパー賞,モーションデータによる目的関数推定法を用いた仮想人間の動作生成,情報科学技術フォーラム FIT2003,2003.9.

研究助成

  1. 科学研究費補助金 若手研究(B)(代表), 例示データを用いた実時間皮膚変形アニメーション計算モデルの学習, 2015~2017年度.
  2. 科学研究費補助金 基盤研究(B)(分担), 動作トレーニング支援のための熟練動作の特徴解析に基づくコツの可視化, 2015年度~2019年度.
  3. 立松財団 平成21年度海外調査研究, 2009年度.
  4. 中部電力基礎技術研究所 平成21年度国際交流援助, 2009年度.
  5. 堀情報科学振興財団 第16回研究助成, 2008年度.
  6. 科学研究費補助金 若手研究(B)(代表), 人体動作データの運動学的スキル解析と可視化, 2007~2009年度.
  7. 情報科学国際交流財団 研究者海外派遣助成, 2005年度.

各種活動

  1. 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ英文論文誌編集委員(2016.10~)
  2. 情報処理学会 論文誌ジャーナル/JIP編集委員(2016.6~)
  3. 情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究会幹事(2013.4~)
  4. 芸術科学会 NICOGRAPH委員(2013.4~)
  5. CG-ARTS協会 委員(2006.4~)
  6. 映像情報メディア学会 査読委員(2008.4~)
  7. ACM,情報処理学会 正会員