Siggraph Asia 2015 Workshop on R&D in the Video Game Industry

Siggraph Asia 2015にて、スクウェアエニックスの研究開発部門が主体となった研究会が開催されます。
 http://www.jp.square-enix.com/tech/sa2015workshop/

主にゲーム制作会社や映像制作会社における研究開発に関わる事例報告を募集しています。いわゆる”技術”発表のみならず、ワークフロー構築やマネジメント、チーム協業における工夫などなど、制作に関わるあらゆる研究活動が対象となります。

発表申し込み形式は、1~2ページのアブストラクト英文論文です。投稿受付期間は5月31日(日)~6月23日(火)です。採択論文には30分間の講演を行っていただきます。

個人的には、CEDEC等の日本語フォーマットでのみ発表されているお話しを、英語フォーマットに直すだけでも十二分に面白い講演になると思っています。なにより、SIGGRAPHの名を冠する舞台に、GDCよりも気軽(?)に投稿、参加できるメリットは非常に大きいと思います。関係する方々はぜひご投稿およびご参加をご検討下さい。

mukai について

4+4年目の教員です。ゲーム会社にも5年間ほどお世話になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。